レビトラは即効性ナンバーワンのED治療薬です。服用後20分程度で効果が発現するので急な場面でも対応出来ます。

レビトラの効果

レビトラの効果

レビトラは3大ED治療薬の中で、バイアグラに次いで二番目に誕生したED治療薬です。
ドイツに本社を置く、バイエル薬品が製造・販売を手がけ、日本においてもバイアグラ販売から2年後の2001年に厚生労働省より認可を受け、2004年から製造・販売が許可されました。
レビトラのED治療効果は高く、バイアグラよりも後に販売された事から、バイアグラのデメリットが改良されている点や、使い勝手などにも違いがあります。

レビトラの一番の特徴として即効性が高いと言う点が挙げられ、3大ED治療薬の中でも即効性はNO.1、さらにバイアグラにおいて問題視されていた食事への影響、持続力の短さも補われています。
バイアグラと比較すると、勃起力は若干劣りますが、持続力は5時間~10時間とバイアグラよりも長くなり、使い方やシーンによって個人差はありますが、バイアグラ・レビトラ・シアリスを飲み比べた使用者の多くが、レビトラが最適だと答えているというアンケート結果も出ています。

レビトラは、バイアグラやシアリスと同様にPDE5阻害薬となっている為、性的刺激や興奮を感じる事によって勃起を促進します。
また、レビトラは水に溶けやすい性質を持っており、空腹時であれば服用後20分程で血中に成分が浸透し、効果を実感する事が出来るとされています。
思いがけない形で急に性行為をする事になった場合でも安心してお使い頂けます。

レビトラの効果的な飲み方

レビトラの効果的な飲み方

即効性に非常に定評があるレビトラですが、余裕を持って性行為の1時間前に服用する事が推奨されています。
また、食事の影響は受けにくいとされていますが、「総エネルギーの脂肪の割合が30%以下である事」が条件とされている為、脂肪分が高い食べ物等は控えた方が良いでしょう。
あくまで、食事の影響を「受けない」では無く「受けにくい」とされていますので、より高い効果を得たい場合は空腹時が一番であるとされています。
デートや旅行などで、どうしても食事をする必要がある場合は、脂肪分が高い食べ物を抑える、もしくは少量で済ませるようにした方が良いでしょう。
性行為までの時間が逆算が可能な場合は、食事をしたとしても1時間~2時間程空けてから服用する事がベストであると言えます。
結局、食事を気にしなければいけないのかと思われるかもしれませんが、バイアグラと比較しても食事の影響については改良されており、軽度の食事は問題ありません。
空腹時や食後の時間を空けての服用を推奨するのは、確実に効果を得たい場合や、より高い効果を得たい場合です。
また、食事によって必ずしも効果が減少するという事でもありませんので、パートナーの理解がある場合は協力してもらい、ご自身のベストなタイミングを見つけるのも良いでしょう。

レビトラの飲み合わせ

レビトラは、水またはぬるま湯で服用する事が推奨されていますが、ジュースやコーヒー、お茶等と服用しても特に問題はなく、適量であればアルコールと摂取をしても問題は無いとされています。
ただし、アルコールの過剰に摂取する事で、成分効果を過剰に高めてしまったり、著しく減少させてしまう可能性がある他、副作用のリスクを高めてしまいますので適量を摂取するように心がけましょう。
また、持病をお持ちの方で服用中の薬がある場合にも注意が必要です。
中でも「マクロライド系抗生物質」や「硝酸剤全般」との併用は出来ませんのでご注意下さい。

レビトラの副作用

レビトラの効果

レビトラはED治療薬の中でも副作用が弱い方だとされていますが、下記のような副作用が報告されています。
めまい
顔の火照り
動悸
頭痛
鼻づまり
血圧の変動
頻脈
視覚異常等

特に多いとされているのが、顔の火照りや目の充血とされていますが、お薬の成分が血管拡張作用がある為、血流が良くなる事によって起こりうる事で、基本的にはお薬の効果が有効である時に見られる症状である為、薬がしっかりと体に効いているサインでもあると言えます。
その他の副作用についても、大半が一時的な物や軽度であるとされていますので、深刻に考える事はありません。
ただし、万が一症状が続く場合や、明らかに体が異常だと強く感じる場合は、速やかに服用を中断し医師に相談して下さい。
また、視覚異常についての発生率は、1%未満であるとされており、ほぼ起こりえないと言う数値ですが、レビトラ服用後の運転は出来る限り避けましょう。
運転中に視覚異常が起こってしまった場合は、重大な事故に繋がる可能性もありますので、直ちに運転を止め、症状が落ち着くまで運転の再開はしないようにして下さい。

レビトラの注意事項

食事の影響を受けにくいとされていますが、あくまでバイアグラに比べ受けにくく、必ず影響しないという事では無い事を頭に入れておきましょう。
また、他のED治療薬と同様に、レビトラもEDに働きかけるメカニズムが似ている事から、注意点や併用が禁止されているお薬があります。

・併用禁忌
硝酸剤
(アイトロール錠・アンタップテープ・ジドレンテープ・ソプレロール錠・ニトロール錠・ミリステープ等)
抗ウイルス薬
(インビラーゼ錠・クカレトラ錠・ノービア・リキッド・ブリジスタ錠等)
抗真菌薬
(イコナゾンカプセル・ケトコナゾール・イトリゾール内服液・トラコナ錠等)
抗不整脈薬
(アジマリン錠・アミサリン・ジソピラ・ソタコール・硫酸キニジン錠等)

上記はあくまで一部となっており、併用が禁止されているお薬は数多くあります。
現在、別のお薬を服用中の方で、成分をしっかりと理解しているのであれば問題ありませんが、良く分からない場合は医師に相談しましょう。
また、併用を禁止されている成分には、血圧を過剰に下げる危険性・血中濃度が異常に上がる危険性・心臓の動きに異常をきたす危険性がありますので、体の事を第一に考えて服用する事が大切です。

レビトラのジェネリック医薬品

レビトラのジェネリック医薬品

世界100ヵ国、1000万人以上に愛用されているレビトラですが、既に多くのジェネリックが製造・販売されており、その価格の安さからジェネリックを愛用する方も年々増え続けています。
レビトラのジェネリックであるため、有効成分はレビトラ同様のバルデナフィルを含有しており、安全性が確保されている上に、安価で購入する事がジェネリック人気の秘訣と言えるでしょう。
ここでは、レビトラのジェネリックの中で特に人気が高い商品をいくつかご紹介します。

レビスマ

レビスマ レビスマは、スマート社が販売するレビトラのジェネリック医薬品で、レビトラと同様の効果を安価で得られるED治療薬です。
バルデナフィルを有効成分とし、ED治療薬としての効果以外にも、早漏の改善、糖尿病、肥満症の改善にも効果が期待出来ます。
また、レビスマは日本市場向けに開発された製品で、パッケージが日本語、そして1錠ずつ分けて持ち運べるように日本クオリティで作られているのも特徴の一つです。
価格においても、1錠当たりが315円~450円前後と、新薬に比べて3分の1以下で購入が出来るのも嬉しいメリットの一つです。

バリフ

バリフ バリフは、インドのアジャンタファーマ社によって製造・販売されている、レビトラのジェネリック医薬品です。
レビトラ同様、バルデナフィルが有効成分となっており、その効果についてはレビトラにひけを取る事無くしっかりと発揮されるレビトラジェネリックの中でも一番人気の商品です。
バリフが人気の理由としては圧倒的な価格の安さにあり、1錠当たりが200円以下とジェネリック医薬品の中でも格安で、医師からの処方と比べると10分の1程度で購入することが出来ます。
ED治療はしたいけど、経済的に続けていくのが厳しい、薬代をなるべく抑えたいという方におすすめです。

ジェビトラ

ジェビトラ ジェビトラは、レビトラと同一成分を配合したジェネリック医薬品で、レビトラジェネリックの中でもバリフに次いで人気の高い商品です。
価格も1錠当たりが200円前後と、レビトラの10分の1程度で購入する事ができ、その安価でレビトラ同等の効果を得る事が人気の秘訣となっていましたが、有効成分であるバルデナフィルの特許の問題によって、現在では製造が中止されています。
ジェネリック医薬品は、基本的に新薬を対象として同一成分が含まれた商品で、名前が違うだけで効果はほとんど同じなのが特徴です。
既に在庫切れとなっている通販サイトも多く、愛用者が多かった商品である事から、今後さらに入手が困難となっていくことが予測されます。
ジェビトラの服用をお考えの方は、在庫状況等を確認した上で、早めの購入がおすすめです。