シアリスの最大の特徴は最大36時間にもなる持続効果です。バイアグラやレビトラに比べ副作用も少なく安全に服用出来ます。

シアリスの効果

シアリスの効果

3大ED治療薬の中で最も新しく開発されたシアリスは、先に販売されているバイアグラやレビトラのマイナス要素を克服したED治療薬とも言えます。
日本においての知名度はまだ低いものの、世界的に見ると既に100ヵ国以上で販売、利用者数は1000万人を超えるとされ、2013年には世界シェア率が42%に達し、最も売れているED治療薬となりました。

シアリスの最大の特徴は、ED治療に効果的である事はもちろん、バイアグラにおいて懸念されていた食事の影響も大幅に抑えられている点、そして、シアリス特有の持続力にあると言えます。
その特有の持続力から、海外では「ウィークエンドピル」という愛称で呼ばれ、最大で36時間にも及ぶ持続効果は、土曜日の朝に飲んだとしても、日曜日の夜までロングタイムで効果を持続させる事が出来るということが所以となっています。

シアリスはイーライリリー社が開発したタダラフィルを有効成分とするED治療薬で、バイアグラやレビトラと同様のPDE-5阻害薬です。
その為、服用をしたからずっと勃起が続くという事も無く、性的刺激や興奮を脳が感知することで勃起力を向上させてくれるお薬です。

また、タダラフィルは体内にゆっくり溶ける性質で、効果が出始めるまでに2~3時間かかる為、時間に追われない週末にじっくりと性行為を楽しみたい方におすすめです。

シアリスの効果的な飲み方

シアリスの効果的な飲み方

シアリスは誤った服用をすると、効果が減少、あるいは得られなくなる可能性があります。
成分の特徴として、服用から血中濃度のピークを迎えるまでには3時間前後の時間がかかるとされている為、性行為の3時間前の服用が推奨されています。
もちろん、最長で36時間にもなる持続力がある事から、もっと前の時間でも構いませんが、服用から性行為までの時間が余りに短いと、十分に効果を得られない可能性があります。
服用の際は、水またはぬるま湯での服用が良いとされていますが、シアリスは食事の影響を受けにくい事から、食後の服用でも問題無いとされている他、アルコールとの併用も可能です。
ただし、過剰な食事や飲酒については、効果を減少させてしまう可能性も考えられますので、影響が無いとしても適量で済ませるようにしましょう。
デートなどの際に、どうしても食事をしなければいけないケースもありますが、食前に服用する事も可能なので食事による影響も心配する事なく、高い持続力から薬効が切れると言う心配も少ないので安心して服用する事が出来ます。

シアリスの飲み合わせ

タダラフィルとの飲み合わせが悪い物としては、バイアグラ同様にグレープフルーツジュースが挙げられます。
成分の効果を強くしてしまったり、吸収を高めてしまう可能性がある為、グレープフルーツジュースや柑橘系の飲み物(食べ物)との併用は控えるようにしましょう。
お酒についても影響が無いとされていますが、深酒は成分効果を過剰に高めてしまったり、著しく減少させてしまう可能性がある他、副作用のリスクを高めてしまいますので適量を摂取するように心がけましょう。
また、持病をお持ちの方で、お薬を併用される場合がある方も、成分によって注意が必要となります。
シメチジン
エリスロマイシン
クラリスロマイシン
テラプレビル
サキナビル
リファンピシン
フェノバルビタール
これらの成分が含有されているお薬を服用されている場合は注意が必要です。

シアリスの副作用

シアリスの効果

効果の持続時間が長い為、副作用が長く続きそうと不安に思う方も多いと思います。
しかし、持続時間が長いからといって副作用も長く続くという事はありませんし、シアリスはバイアグラ・レビトラに比べて副作用が少ないとされています。
シアリスの副作用には下記のような症状が挙げられます。
頭痛
ほてり
消化不良
背痛
筋肉痛
めまい
眼痛等

副作用の症状は、大半のED治療薬に見られる症状とほぼ同様となっています。
ですが、バイアグラやレビトラの後に販売されている為、副作用の問題についてもしっかりと改良されており、先に販売されたED治療薬に比べても、副作用の発生率は低いとされ、症状を訴える方の多くは軽度であるとされています。
成分が、体内でゆっくり浸透する事によって、ゆるやかに作用する事が、副作用が出にくい理由とされており、軽度の副作用であれば、薬との相性や健康状態によって起こる可能性もある為、支障が無い場合は服用を再開しても問題は無いとされています。
ただし、症状が断続的に続く場合や、異変を感じた場合はすぐに服用を中断し、医師に相談して下さい。
また、重度な副作用として狭心症や心筋症をお持ちの方は心筋梗塞や心臓突然死等のリスクを高めてしまう為、服用をお考えの場合は、必ず医師に相談してから服用される事をおすすめします。

シアリスの注意事項

効果の持続時間が長い為、副作用が長く続きそうと不安に思う方も多いと思います。
しかし、持続時間が長いからといって副作用も長く続くという事はありませんし、シアリスはバイアグラ・レビトラに比べて副作用が少ないとされています。
シアリスの副作用には下記のような症状が挙げられます。
頭痛
ほてり
消化不良
背痛
筋肉痛
めまい
眼痛等

副作用の症状は、大半のED治療薬に見られる症状とほぼ同様となっています。
ですが、バイアグラやレビトラの後に販売されている為、副作用の問題についてもしっかりと改良されており、先に販売されたED治療薬に比べても、副作用の発生率は低いとされ、症状を訴える方の多くは軽度であるとされています。
成分が、体内でゆっくり浸透する事によって、ゆるやかに作用する事が、副作用が出にくい理由とされており、軽度の副作用であれば、薬との相性や健康状態によって起こる可能性もある為、支障が無い場合は服用を再開しても問題は無いとされています。
ただし、症状が断続的に続く場合や、異変を感じた場合はすぐに服用を中断し、医師に相談して下さい。
また、重度な副作用として狭心症や心筋症をお持ちの方は心筋梗塞や心臓突然死等のリスクを高めてしまう為、服用をお考えの場合は、必ず医師に相談してから服用される事をおすすめします。

シアリスのジェネリック医薬品

シアリスのジェネリック医薬品

日本においては、バイアグラの知名度が圧倒的に高い為、シアリスの存在は耳にした事が無いという方も多いでしょう。
世界的に見るとシアリスは既に一昔前の新薬であると考える方も多く、シアリスのジェネリック医薬品も数多く販売されています。
同一成分が含まれている為、同じ効果を得られるだけでなく、安価で購入する事が可能となっている事から人気も高いです。
シアリスのジェネリックでも、人気がある商品をいくつかご紹介しますが、病院やクリニックなどでシアリスを処方してもらう場合、1錠当たりが2000円前後という事も比較してご確認下さい。

シアスマ

シアスマ シアスマは勃起不全に効果的なED治療薬で、シアリスのジェネリックです。
シアスマと同じタダラフィルを主成分とし、服用する事によってシアリスと同様の効果を得る事が可能です。
中でも人気の高い理由の一つとして、圧倒的に価格が安く1錠当たりが350円前後で購入する事が出来るという点です。
また、シアスマは日本市場向けに開発された製品で、パッケージが日本語、そして1錠ずつ分けて持ち運べるように日本クオリティで作られているのも特徴の一つです。
長期的に服用をお考えの方におすすめの商品と言えます。

タダシップ

タダシップ タダシップは、インドのムンバイに拠点を置くシプラ社が製造する、シアリスのジェネリックです。
シアリス同様に、タダラフィルを主成分としたED治療薬で、シアリスと同等の効果や持続力を得られます。
タダシップを製造するジプラ社は、海外の製薬会社であり、日本では知らない方が多く、ジェネリックと言う事もあって懸念されがちですが、インド国内ではTOP3に入る大手製薬会社であり、世界170ヵ国での販売実績、従業員22000人以上となっており、ジェネリック医薬品を始めとし、心臓疾患薬、関節炎薬、糖尿病薬、抗うつ病等、医療に関する様々な分野を手がけています。
安全性の高い品質はもちろんの事、信頼性も高く、安心して服用出来る治療薬になります。

メガリス

メガリス メガリスは、ED治療薬に用いられているシアリスのジェネリックです。
見た目はオレンジがかったピンク色の丸い形状となっており、個包装で梱包されています。
1錠当たりが400円~500円前後となっており、シアスマやタダシップと比較すると若干値段は高くなりますが、シアリスと比較をしても、3分の1程度と安く、成分の効果や持続性についてはシアリスと同等の効果を得る事が出来ます。
また、シアリスは20mgとなっている事に対して、10mg、20mgと選択する事が出来、使い勝手が良いと言うメリットもあります。
ピルカッターを使う等して、半分にしてお使いになるというのは手間がかかりますが、メガリスの場合は必要な含有量に合わせて購入出来ます。