バイアグラ・レビトラ・シアリス・ステンドラはED治療薬です。それぞれ異なる効果や特徴を比較してご紹介します。

ED治療薬の種類

ED治療薬の種類

ED治療薬とは、ED(勃起不全)の症状を改善する医薬品の事で、日本の厚生労働省に認可をされているもの、認可を受けておらず日本では販売できないもの、ジェネリック医薬品(後発医薬品)など様々な種類が存在します。

その中でも代表的なバイアグラ・レビトラ・シアリスは、3大ED治療薬とも呼ばれており、日本やインドなどで製造されている多くのジェネリック医薬品は、これら3種類の有効成分を含有したものが大半を占め、錠剤以外では、フィルムタイプ、ゼリータイプ、舌下錠、発泡錠などが製造されています。

この豊富な種類に加え、即効性や持続性など、それぞれが異なる特徴を持つため、選択できる幅が広く、用途に合わせて使い分けをする事も可能です。
自分に合った治療薬を選択する事で、高い治療効果を得られるのもメリットの一つです。

正常な勃起との違い
通常、勃起は脳からの信号によって起こります。
脳が性的刺激を受けると、神経を通じ陰茎海綿体に「動脈を広げ多くの血液が流入できるように」信号を出します。

これが通常の勃起のメカニズムとなるわけですが、EDの場合には様々な原因で動脈が広がらず勃起に必要な十分な血液を得ることが出来ず、ED症状を引き起こします。

ED治療薬は、主に動脈を広げ血流を改善する役割を担っています。

バイアグラ

バイアグラ

バイアグラは、ファイザー株式会社が製造するED治療薬の一つです。
シルデナフィルを有効成分とするバイアグラは、世界で初めて誕生したED治療薬で、今もなお圧倒的な知名度と人気を誇ります。

この有効成分シルデナフィルは、元々は狭心症を治療する為の薬として用いられていましたが、その副作用として勃起効果が発見されたのがバイアグラ誕生のルーツとなっているのは有名です。

3大ED治療薬と呼ばれるバイアグラ・レビトラ・シアリスの中でも、NO.1の勃起力(硬さ)を誇り、硬さはもちろん、勃起の維持や性行為中の中折れなど、幅広いEDの症状を補う事が出来る事から、多くの人から利用されてきた治療薬と言えます。

現在、バイアグラは25mg、50mg、100mgの3種類が製造されていますが、日本のクリニックや専門医で処方されるのは25mg・50mgまでに限られており、100mgは個人輸入でしか入手する事は出来ません。

また、クリニックや専門医で処方を受ける場合に注意しておきたいのが「保健適用外」である事と、薬代以外にも「診察料」「検査料」が必要になるという事です。

ED治療は自由診療という形を取っているクリニックや専門医が多く、薬代も定まっていない為、1回の通院で「薬代+診察料+検査料=1万円」程度かかる事を覚えておきましょう。

シアリス

シアリス

シアリスは、イーライリリー株式会社が製造するED治療薬の一つです。
タダラフィルを有効成分とするシアリスは、世界で3番目に誕生し、認可を受けているED治療薬の中では最も歴史は浅いですが、現在、世界100ヵ国以上で販売されている世界NO.1のシェア率を誇る治療薬となっています。

利用者は1000万人を超えるとも言われ、日本でも2007年に承認されたシアリスは、バイアグラ・レビトラとは異なるコンセプトで製造されており、その最大の特徴と言えるのが、36時間にもなる持続効果です。

服用後20分~1時間程度で効果が発現するバイアグラ・レビトラと比較すると、シアリスの効果発現までは3時間程度の時間を要しますが、自然な勃起を促し、ゆるやかな効果を長く持続させるため、海外では週末に服用すれば日曜まで効果が持続するという意味から、親しみを込めてウィークエンドピルとも呼ばれています。

服用のタイミングを調整しやすい、食事の影響を受けにくいなど、副作用やこれまでにあったデメリットも軽減されている事も大きなメリットとして挙げられ、ライフスタイルに合わせて自由に服用できるという点が人気の秘訣と言えます。

現在、シアリスは5mg、10mg、20mgの3種類が製造されており、クリニックや専門医で処方されるか、個人輸入を利用するかのいずれかとなりますが、クリニックや専門医で処方を受ける場合には、薬代以外にも診察料や検査料がかかり、個人輸入よりも割高になります。

レビトラ

レビトラ

レビトラは、バイエル薬品株式会社が製造するED治療薬の一つです。
バルデナフィルを有効成分とするレビトラは、バイアグラの次に誕生したED治療薬で、即効性に関してはNO.1を誇ります。

効果発現までの時間を比較すると、バイアグラは1時間程度、シアリスは3時間程度の時間を要するのに対し、レビトラは15分~20分程度で効果が発現し、「即効性のレビトラ」とも呼ばれています。

この即効性の秘訣は、他のED治療薬に比べ、水溶性であること、つまり水に溶けやすい性質を持っている事にあり、これはレビトラだけの大きな特徴と言えるでしょう。

また、レビトラはバイアグラのデメリットを補う形で開発されたと言われており、「食事の影響を受けやすい」、「持続力が短い」といったバイアグラの欠点がカバーされていて、最もバランス力に長けたED治療薬と言えます。

3大ED治療薬と呼ばれるバイアグラ・レビトラ・シアリスを比較すると下記のようにそれぞれ長けた特徴がある事が分かります。

【勃起力(硬さ)】
バイアグラ>レビトラ>シアリス
【即効性】
レビトラ>バイアグラ>シアリス
【持続性】
シアリス>レビトラ>バイアグラ


現在、レビトラは10mg、20mgの2種類が製造されており、クリニックや専門医で処方されるか、個人輸入を利用するかのいずれかとなりますが、クリニックや専門医で処方を受ける場合には、薬代以外にも診察料や検査料がかかり、個人輸入よりも割高になります。

ステンドラ

ステンドラ

ステンドラは、Vivus株式会社が製造するED治療薬の一つです。
アバナフィルを有効成分とするステンドラは、2012年にアメリカのFDA(食品医薬品局)に認可され販売が開始されましたが、2017年現在、日本ではまだ認可を受けていないED治療薬になります。

日本での認可が得られてないため、「聞き馴染がない」「存在すら知らなかった」という方がほとんどかも知れませんが、海外では早くもジェネリック医薬品が製造されるなど、第4のED治療薬として注目を集めています。

また、ステンドラ誕生の裏には日本も深く関係していると言われており、有効成分のアバナフィルは元々は日本の製薬メーカーである田辺三菱製薬が開発した成分と言われています。

開発こそ行ったものの、2001年には開発・販売の権利がVivus社に譲渡され、Vivus社によって研究が進められた後にステンドラが誕生したという経緯があり、権利が譲渡されてから販売開始までに約10年の月日を要しています。

なお、気になる効果に関しては、バイアグラ・レビトラ・シアリスのメリットを集めた、まさに「イイとこ取り」となっており、バイアグラのような勃起力、レビトラに並ぶ即効性、シアリス以上に副作用が少ないと全ての特徴を継承したED治療薬と言っても過言ではありません。

ED治療薬の購入は通販がおすすめ

ED治療薬の購入は通販がおすすめ

ED治療薬を入手するには、クリニックや病院で処方してもらう方法と、個人輸入の通販を利用する方法の2種類ありますが、結論から言うと個人輸入を利用した通販での購入が最もおすすめの方法と言えます。

もちろん、全ての方に通販での購入がおすすめと言える訳ではありませんので、病院処方と通販購入、それぞれの入手方法、価格、品質など、異なる観点から比較をして、自分の目的に合った方法を選択する事が重要となります。

ここでは、病院での処方と、通販を利用した場合のメリットとデメリットを紹介していますので、それぞれ比べてみて下さい。
通販での購入が最もオススメだという事が分かって頂けると思います。

病院処方

病院処方

クリニックや病院処方のメリットとデメリットをご紹介します。
EDの治療には、ED治療を専門に行っている「クリニック」に受診する事が最も望ましい方法となりますが、自宅や職場といった通いやすい場所にクリニックがあるとは限りません。

そのようなケースの場合、まず問題になってくるのが「何科を受診すればいいのか分からない。」という事ではないでしょうか?

ED治療を病院で受診する場合、【泌尿器科】に相談するのが一般的ですが、他にも内科や男性更年期外来でも診察してもらえます。

病院処方でED治療薬を処方してもらえるまでの大まかな流れは下記の通りです。

【STEP① 受付】
近くのED専門のクリニック・または泌尿器科・内科・男性更年期外来を探して受診の予約をしましょう。

【STEP② 問診】
問診票への記入や、医師から治療中の病気、服用中の薬の有無などのチェック(問診)が行われます。

【STEP③ 検診・診断】
問診の後、必要であれば血圧の測定や血液検査、心電図測定などが行われ、その結果からED治療薬を服用できるかどうかの判断がなされます。

【STEP④ ED治療薬の処方】
ED治療薬を服用しても問題ないと判断されれば、処方されます。
大抵の場合、診察室や投薬窓口、もしくは調剤薬局での受取となります。
※服用方法や注意点などもこの時に医師から説明されます。

【STEP⑤ 会計】
ED治療薬の処方は保険適用外です。
診察費・検査費・薬代等全て自己負担となります。


となります。
病院処方の一番のメリットは「医師に直接相談できる」という安心感と言えます。
さらに、問診を行う事で自分にとって最善な治療方法も分かりますし、ED治療薬の服用方法も丁寧に教えてくれるので安心して服用出来ます。

また、上記の流れを見て頂ければ分かるようにED治療薬を処方しても問題ないとなれば、その日に治療薬を処方してもらえるのも病院処方のメリットと言えます。
これらの事からメリット・デメリットをまとめると・・・

メリット

・安心感がある
・直ぐに処方してもらえる

デメリット

・クリニック・病院に通う必要がある
・毎回、問診や検診を受ける必要がある
・1回の治療費が高い
※先述しましたが、ED治療薬の処方は保険適用外となり、1回の受診で【診察費・検査費・薬代】を合わせると平均して1万円程度かかります。

通販で購入

通販で購入

次に、通販で購入するメリット・デメリットをご紹介します。
まず、ED治療薬を始めとした医薬品を通販で購入するには、【個人輸入代行業者】が運営する通販サイトを利用します。

「普通の通販サイトと何が違うの?」と思われるかも知れませんが、医薬品は薬事法の問題で国内の通販サイトでは取扱いができないものです。

しかし、薬事法では個人が海外から直接通販で購入する事は認められており、その通販のお手伝いをするのが個人輸入代行業者の役割となります。

通販でED治療薬を購入するまでの大まかな流れは下記の通りです。

【STEP① 個人輸入代行業者を探す】
個人輸入の通販サイトは多数存在します。
中には偽造品を販売するような業者もあるので下記を参考に安心できるサイトを選ぶようにしましょう。

CHECK1・メールや電話での対応がしっかりしているか
CHECK2・薬事法が遵守されているか
CHECK3・特商法がしっかり記載されているか
CHECK4・サイトデザインが綺麗に作られているか
CHECK5・販売価格が安すぎないか

メールや電話での対応がしっかりしているサイトは、安心してお買物ができるサイトかどうかの大きなポイントになります。

また、ED治療薬の個人輸入は国内からの発送が禁止されていますが、短期間(2日程度)で届くようなサイトは薬事法を遵守していない可能性が高いので控えるべきです。

ちなみに、偽造品を販売するサイトの特徴として、価格が極端に安い・サイトの作りがいい加減・特商法を明記していないなどが挙げられます、価格の安さに惹かれる気持ちも分かりますが、安すぎるのは逆に怪しいと疑ってみるのが賢明と言えるでしょう。

【STEP② 注文する】
安心して購入出来るサイトが見つかったらいよいよ注文です。
希望の商品を選び、サイトの注文方法にしたがって操作するだけです。
※個人輸入の場合、商品は海外から配送されてくるので、【名前】【電話番号】【配送先住所】は間違えないように入力しましょう。

【STEP③ 支払いを済ませる】
ほとんどの通販サイトは銀行振込に対応しています。
その他にも、クレジットカード決済・コンビニ決済等が完備されているサイトがあります。
支払いしやすい方法を選択しましょう。

【STEP④ 到着を待つ】
支払いが完了したら到着を待つのみです。
個人輸入サイトを利用した場合、通常であれば10日~14日程度で届きます。
国内の通販とは異なり、届くまでに時間がかかるので余裕を持って購入するようにしましょう。

となります。
通販での購入の一番のメリットは「ネット環境さえあれば入手できる」という点です。
さらに、病院での処方に比べ、費用が3分の1程度に抑えられることも大きなメリットとして挙げられます。
これらの事からメリット・デメリットをまとめると・・・

メリット

・自宅で簡単に購入できる
・通院の必要がないので他人の目を気にする事がない
・様々な種類のED治療薬を探す事が出来る
・費用が安い

デメリット

・商品が届くまでに時間がかかる
・偽造品を購入してしまう恐れがある


如何でしょうか?
メリットの点だけを見れば通販での購入が圧倒的にオススメだということが分かって頂けると思います。
偽造品を購入する事がないように、サイト選びをしっかりする事が大切です。

ED(勃起不全)とは

ED(勃起不全)とは

ED(勃起不全)とは、「Erectile=勃起 Dysfunction=機能障害」を意味する英語の略で、専門的には「満足な性交が出来ない状態」の事を総称してEDと言います。

■性欲はあるのに興奮しても勃起しない
■勃起しても十分に硬くならない
■毎回勃起しないわけではない
■挿入しても途中で柔らかくなって挿入を保てなくなってしまう
■勃起が長続きしない
■勃起するか不安になることがある

上記は「満足な性交が出来ない状態」に該当する項目です、貴方はいくつあてはまりますか?

ここでは、EDの症状や原因、予防方法や改善方法が紹介されています。
偏にEDと言えど、その原因は十人十色、様々な原因があります。
自分のEDがどんな原因で起こっているのかをしっかり認識し、適正な治療を行うことが大切です。

EDの症状

EDの症状

先ほども説明したように、EDとは「満足な性交が出来ない状態」の事を指します。
これは端的に言えば「勃起しない」だけがEDではないという事です。

例えば、

「勃起するまでに時間がかかる」
「性行為前に勃起するか不安になる」
「勃起が持続しない」
「勃起しても十分硬くならない」

など、症状は人それぞれですが、どの症状もEDと言えます。
特にこれらの症状は、自分がEDだという自覚症状を感じにくく、知らない間にEDになっているケースも少なくありません。

その裏付けとも言えるのが、1998年に行われた日本のED患者数の調査です。
EDの症状には大きく分けて、一切勃起せず性行為が不可能とされる「重度ED」と、たまに勃起するor挿入までは硬さを維持できる「中等度ED」に分けられます。

ED患者数の調査では、この「重度ED」と「中等度ED」の患者数は1130万人に達するという調査結果が出ており、年代別では、40代の5人に1人、50代では2.5人に1人、60代になると1.7人に1人がEDという結果になっています。

さらに、この結果は19年前の調査データである事を踏まえると、EDの患者数はさらに増えていることは安易に想像でき、現在では1800万人以上になるとも言われています。
この1800万人という数字は、日本の成人男性の4人に1人にあたり、EDは私たちにとって身近な疾患になりつつあると言えるのではないでしょうか。

EDの種類と原因

EDの症状については先述した通りです。
ここではEDの種類と原因について紹介していきます。

自分はどの種類のEDで何が原因となっているのかを知る事が最適なED治療の近道となります。

まず、EDの種類と原因には大きく分けて下記の4つがあります。

心因性ED(機能性ED)

心因性ED(機能性ED)

主な原因・・・過度な緊張、夫婦間の不仲、失敗の記憶、ストレス

読んで字の如く、「心が原因」でEDになるパターンです。

実はEDの中でも心因性は最も多いパターンとされており、朝勃ちもするし自慰行為も満足に出来るのに、いざ相手がいると途端にダメになってしまうのが心因性の特徴です。

これには、家庭のストレスや小作りへのプレッシャー、性行為の失敗体験、性交中の中折れへの不安といった心因的な要素が深く関わっており、今までは普通に性行為が出来ていても、たった1度の失敗で発症してしまう可能性があります。

また、定年後の喪失感や男性更年期障害による性欲減退によって起きる可能性があり、私たちにとって一番身近な要因と言えるでしょう。

器質性ED

EDの原因

主な原因・・・高血圧や糖尿病などの生活習慣病、男性ホルモンの低下、老化、うつ病

血管や神経の障害、陰茎への外傷といった身体的な問題でEDになるパターンです。

中でも、動脈硬化によって陰茎海綿体へ十分な血液を送る事が出来ずにEDとなるケースが最も多いとされており、糖尿病や高血圧といった生活習慣病を患っている方に多く表れます。

また、脳出血や脳外傷、脊髄損傷といった神経が傷害される病気や、陰茎海綿体の血管を損傷するような外傷、手術を行った際にも起こりやすいと言われています。

混合型ED

器質性ED

主な原因・・・心因性ED+器質性ED

混合型はこれまで説明した心因性・器質性が混合して症状を引き起こすパターンです。

実は、EDの原因には心因性だけ、あるいは器質性だけといったいずれかだけが原因となっている事は少なく、どちらの要素も含んでいる事が少なくありません。

生活習慣病や陰茎への外傷などで精神的ストレスを感じた場合などは、この混合性EDに陥りやすくなります。

薬剤性ED

薬剤性ED

主な原因・・・特定の薬剤を服用している

特定の薬剤を服用する事でEDになるパターンです。
下記に作用する薬剤は薬剤性EDになる可能性があります。

・中枢神経系:抗不安薬、抗うつ薬、抗けいれん薬、抗精神病薬、睡眠薬
・末梢神経系:筋弛緩薬、麻酔薬、抗コリン薬
・循環器系:不整脈治療薬、利尿薬、降圧薬
・消化器系:消化性潰瘍治療薬、鎮けい薬

EDの改善と予防

EDの改善と予防

EDの種類と原因が分かったら次はEDの改善と予防方法です。
EDを改善する一番簡単な方法はED治療薬を服用する事ですが、服用しながらでも原因の根本的な改善を図る事は十分に可能です。

器質性EDの改善と予防

器質性EDは高血圧や糖尿病といった生活習慣病や、身体機能の低下によって引き起こされる症状です。

そのため、改善と予防には生活習慣を見直し、健康的な生活をすることがとても大切になってきます。

【食生活を見直す】
高カロリー、高食塩、高脂肪は器質性EDを引き起こす生活習慣病の原因となります。
ラーメンや唐揚げ、味付けが濃い物は出来るだけ避け、野菜や魚など血液がサラサラになるような物を積極的に食べるようにしましょう。

【適度な運動】
身体機能の低下を改善するには運動をするしかありません。
運動と聞くと億劫に感じる方もいるかも知れませんが、いきなり長距離のランニングなどをする必要はありません。
自分のペースで、毎日続けることが大切です。
また、下半身の筋力は勃起力に深く関わってくるので、下半身の筋力を鍛えるスクワットなども効果的です。

心因性EDの改善と予防

心因性EDの予防と改善には、原因となる精神的な負担を軽減することが大事です。
性行為に対するプレシャー、ストレス、過去のトラウマなど、精神的な負担を軽減・解消していくには、ED治療薬を服用しながら成功体験を重ねていくのが効果的です。

また、定期的にストレスを発散する時間を設けるなどして、ストレスを溜め込まないようにする事も大事です。
ストレスの溜め方、発散の仕方は人それぞれ異なるので、自分に合った発散方法を探してみましょう。

それでも解決されない場合には、専門医院や専門家のカウンセリングを受けることも効果的な解決法と言えます。

EDに効果がある食べ物

日頃の食生活を改善すると共に、男性ホルモンであるテストステロンの減少を防ぐことでEDの予防をする事が出来ます。

男性ホルモンであるテストステロンが減少するとED(器質性)を引き起こしますが、亜鉛を摂取することによってテストステロンを補う事が出来ます。

亜鉛が含まれているアーモンドやゴマ、抹茶、牡蠣、鶏もも、あわびなどでも代用が効きますのでこれらを積極的に摂取するように心がけると良いでしょう。